スポンサーリンク

【FF14】祖堅正慶ってどんな人?

スポンサーリンク

Who is Masayoshi Soken?

FF14をプレイしている人なら知っているでしょう、祖堅さん。youtubeやニコニコ動画が普及して、こういった裏方の人が世に知られることが多くなりました。

そんな祖堅さんですが、AbemaTVに出演しインタビューを受けていました。せっかくなので、私も祖堅さんについて調べてみました。

世界ギネスに認定

「ビデオゲームで最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つタイトル」として、ギネス世界記録が認定されました。FF14が5年以上続いているので、必然的にサウンドトラックが増えていくわけです。だから、FF14が続く限り記録はどんどん伸びていく汗。

1曲を作るのにかかる期間は2~3日

私も音楽を作ったことがあるのでわかるのですが、あの完成度の高い音楽を2~3日で作るのは驚異的なスピードと集中力だと思います。

効果音や環境音も作る

キャラクターの動きの「効果音」や川の流れ、雨の音などの環境音も手掛けています。

実際に楽器を弾く

今はパソコンだけでも音楽は作れますが、祖堅さんは実際にギターを弾いて生音を楽曲の中に組み込んでいます。だから迫力のあるサウンドが作れるんですね。

楽器だけではなく生活音も活用

バスドラの音の代わりに、プラスチック製のごみ箱を叩く音を実際の楽曲に採用しました。

音楽一家のサラブレッド

祖堅さんは父親がNHK交響楽団で主席も務めたトランペット演奏者、母親がピアノの先生という音楽一家に育ちました。しかし、両親からは音楽の道は食べられないと否定的な意見だったそうです。

オリコンチャートにランクイン

祖堅さん率いるバンド「PRIMALS」の1stアルバムがオリコンチャート4位にはいりました。ゲームミュージックとしては異例の売り上げで、FF14の人気の高さがわかりますね。

からあげくん、キャベツ太郎が好き

からあげくんに関しては、自分で味付けをプロデュースしてしまうほどです。その名も「リミットブレイクフレーバー味」

ニーソ好き

ニー祖堅とファンからあだ名をつけられるほど。FF14内でも女性キャラクターでニーソを履いていたら反応していました笑。

というわけで、今回は祖堅さんについて調べてみました。ゲームミュージックのクリエイターがバンドを組んでCDを売ってしまうなんて、一昔前までは考えられませんでした。

祖堅さんはゲームミュージック界に革命を起こしたと言っても過言ではありません。FF14をプレイしていない方でも、ぜひ一度祖堅さんの音楽を聴いてみて下さい!

Translate »