スポンサーリンク

【FF14】漆黒のヴィランズを終えて

1月より漆黒のヴィランズを始めて、昨日ようやくクリアしました。

今回はその感想を書きます。

スポンサーリンク

ストーリーが頭に入らず

いつものことですが、最初はストーリーをしっかり読むのに、だんだん読まなくなってくる笑。

アシエンを倒して世界に闇を取り戻した、めでたしめでたし。

私の理解しているストーリーはこんなものです。

AIが優秀

新しいIDに突入するときに、NPCと行けるようになりました。

このNPCが優秀で、全然ミスしません。

ボスもNPCと同じ動きをしていれば、ギミック処理できます。

オンライン特有の、相手に気を使ってプレイする必要がなく、のんびり攻略できます。

ボッチに対して優しいシステム。

難しかったところ

サンクレッドとランジートの一騎打ち。

何回か失敗しました。

普段使ってないキャラを操作すると、戸惑う。

トラウマ

かわいい女の子キャラが罪喰い化するところ。

あとドンヴァウスリーのぐちょぐちょした擬音も嫌だった。

もう途中下車の旅は見れない…

ヘイト稼ぎが楽になった

忠義の盾になって攻撃すれば、すぐにタゲが取れます。

それでもタンク不足は続いてる。

地味だしね。

今後について

とりあえずルーレットを回して装備を整えたいです。

あと風脈。

1年半のブランクは大きい。

やること沢山。

秋には拡張パッケージが出るということなので、それまでにストーリーは終わらせたい。

みつる
みつる

やること沢山・・・

あい
あい

またゲームばっかやってる!

Translate »