スポンサーリンク

スクエニの決算説明会の資料を読んでわかった事【2020年3月期】

そろそろ多くの会社の株主総会が始まる時期。

我らがスクウェアエニックスも例外ではありません。

みつる
みつる

コロナの影響で、数々の大企業が減収減益を発表する中、スクエニの決算はどうだったのでしょうか?

スクエニの株主総会資料を入手しましたので、決算の内容を分析しました。その結果、

スクエニの決算内容は絶好調だということがわかりました!

スポンサーリンク

前期比較で増収増益

2019年3月期と比べ売上が若干減ったものの、利益率が伸び増収増益となりました。

HDゲーム部門

ドラクエ11やロマサガ3の売上が中心。

減収減益となりました。

…が、これはFF7リメイクの売上が入っていない数字。

3日間で全世界350万本を売り上げしたとの情報があるので

次回の決算では数字を大きく伸ばすでしょう。

スポンサーリンク

MMO部門

FF14やドラクエ10が絶好調で、課金会員数が大幅に伸びています。

売上にして1.5倍の伸びです。

欧米の売上が大きい

HDとMMOの売上の約7割が欧米の売上です。

欧米か!

スマホ部門

ロマサガユニバース、ドラクエウォークのヒットで増収増益。

FFRKの売上も貢献してます!

キャラグッズ部門

FF7リメイクのフィギュアが売れに売れて増収増益。

ティファのフィギュアが欲しいです…

まとめ

スクエニの3月期の決算はコロナショックにも負けず好調な推移となりました。

そして忘れてはいけない事実が

FF7リメイクが3日間で全世界350万本を売り上げしたことです。

スクエニ、絶好調と言ってもよいのではないでしょうか。

最後にスクウェアエニックスの企業理念を書いておきます。

最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する。

To spread happiness across the globe by providing unforgettable experiences.

みつる
みつる

最高のファイナルファンタジー、期待してます!

Translate »