スポンサーリンク

【FFT】ファイナルファンタジータクティクスについて語る!

FFTが発売されたのは、FF7やサガフロンティアが発売された時だったと思います。私はこの三つのソフトが、プレーステーション時代の三巨頭に位置付けています。それくらいFFTにはハマりました。

スポンサーリンク

ファイナルファンタジータクティクスの魅力

●ジョブシステムがあって、育成の自由度が高い

●ストーリーが面白い

●戦闘の戦略性、難易度が高い

●音楽が良い

●チョコボの不思議なディスクがあればサクサクプレイできる

●セリフがカッコ良い

●おまけでノベルゲームがある

FFTで苦戦したステージBEST3

第3位ジークデン砦

咬ませ犬アルガスとの一戦。ストーリーの展開も盛り上がり絶対に許さないという気持ちが空回って、何度も死んだ覚えがあります。

序盤でアビリティが少ないのと、ゲームになれていないのも難易度を上昇させた要因です。

第2位ゴルゴラルダ処刑場

とにかくガフガリオンが強い。闇の剣でどんどんHPを回復してしまう。

高いところにいる時魔導士もやっかいで、ストップ、スロウなどをしてきます。かかるな、かかるなとお願いしながら、攻略していました。

ここでセーブしていまうと、一部のステージしか行けなくなり、レベル上げの場所が制限されてしまったのも痛かったです。

第1位リオファネス城城内

これはみんなが苦戦したところでしょう。まず、ウィーグラフとの一騎打ちが難しい。

装備しているアビリティによっては無理ゲー。一撃で死ぬ事も。

私は、ダメージMP変換とチャクラを装備して逃げ回り、ウィーグラフが攻撃できなかったところを見計らって、チマチマダメージを与えて、撃破できました。

ただこれだけでは終わらないのがこのステージ。ウィーグラフがモンスターに変身し、さらに仲間を5体くらい呼びます。

さすがにこちらも仲間が参加しますが、相手の召喚魔法のダメージが痛く、すぐ死んでしまいました。私は風水士を使って、相手の動きを止めながら攻略しました。

このFFTはスマホでゲーム化されていますので、やった事がない方には、お勧めできるゲームです。なお途中セーブができないようで、レビュー自体はあまり良くないです。

Translate »