スポンサーリンク

ファイナルファンタジー3誕生から30年!開発秘話まとめ

スポンサーリンク

4/27はファイナルファンタジー3の発売日でした。

1990年に発売されたので今年で30年。

今回はFF3発売30周年を記念して行われた、開発者インタビューをまとめてみました。

インタビューを受けたのはこの方々

田中弘道氏(ガンホー・オンライン・エンターテイメント執行役員)

石井浩一氏(グレッゾ代表取締役)

ラストダンジョンが長くなったのは?

デバッガーが「このままじゃ歯応えがない」と言ったため。

その発言にムキになった坂口博信氏が、「じゃあ変えてやるよ!」と言って、セーブポイントがなくなったそうです笑。

そのデバッガーとは現在はFF14の開発者である鈴木敏章氏。

ハード移行期に出た作品

スーパーファミコンの発売は1990年11月21日。

開発を遅らせることができなくて大変だったみたい。

坂口さん、税関に捕まる

プログラムを担当していた人が、開発途中でアメリカに帰ってしまい、アメリカに機材を持ち込んで開発を続けることになった。

その際、坂口さんが税関で捕まってしまいました汗。

大量の開発機材が怪しまれたらしい。

キャラクター関係は石井さん開発

キャラクター開発の際、石井さんから「ナイトだったら「かばう」とか、シーフだったら「ぬすむ」とか、そういうコマンドがあればいいんじゃないの」と発言したところ、坂口さんがそのアイディアを気に入り、採用されたらしいです。

その発言が今日のファイナルファンタジーでも採用され続けているんですね。

FFIIIの細かなキャラクター設定

1.キャラクターをフィギュアにしたいと思いから、キャラクターを傾けたところ、立体感が出て、両目が見えるようになった。

2・魔剣士は戦闘不能になると、甲冑だけになるのですが、暗黒の契約で得た魔力によって魔剣士になったので、死ぬと契約の影響で肉体が消失するという設定があるから。

3・白魔導師の服のだんだら模様は、刺繍。

魔法を唱えながら紡いだ糸で刺繍しているという設定。

たまねぎ剣士の名前の由来

兜が、たまねぎの芽が出た状態に見えたから

という適当な考えから。

FF3設定資料がダンボールの中に

FFIIまでは企画書がなく、FFIIIから企画書を作るようにしたみたいです。

マップは方眼紙に描いて残している。これはドラクエの生みの親、堀井雄二さんの影響らしい。

その設定資料が今もスクエニ本社のどこかにあるはず…

というわけでFF3開発者インタビューをまとめてみました。

ゲーム開発の裏話を聞くのっておもしろいですね!

Translate »