スポンサーリンク

【FF16】今わかっている情報をまとめてみた!

みつる
みつる

FF16の今わかっている情報って何だろう?

今回は現在判明しているFF16の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

概要

PlayStation 5用アクションRPG。

FF14を手掛ける第三開発事業部が開発を担当

プロデューサーはFF14プロデューサー兼ディレクター吉田直樹

ディレクターはFF5や、ラストレムナントを手掛けた高井浩

発売日

未定

2021年にさらに多くの情報が公開される予定。

スクウェア・エニックスの公式求人サイトでは、

「既に基礎開発やシナリオの制作は完了しており、各種開発ツールの拡張をしつつ、大規模なリソース制作、ボスバトルの構築を続けている状況にあります。」と公表している。

ストーリー

“ヴァリスゼア”― それは、クリスタルの加護を受けし大地。

大地の方々に存在するクリスタルの巨塊”マザークリスタル”。

その周囲に満ちるエーテルにより、国は栄え、人々は魔法を使い、安息の中に暮らしていた。

各国それぞれが巨大なマザークリスタルを所有することで、ヴァリスゼアの情勢は、危ういながらも均衡が保たれていたのである。

…そう、世界が”黒の一帯”に蝕まれるまでは。

ドミナント

召喚獣を宿す者たちのこと、シリーズで言う「召喚士」の立ち位置。

FF16では、最も危険な存在が「召喚獣」と言われており、この召喚獣をその内に宿せる者を「ドミナント」と呼ぶ。

ある国では王侯貴族、ある国では戦争の道具として扱われる。

ドミナントとして生まれた者は、過酷な運命を背負うことになる。

ロザリア公国

ロザリアは、世界の中西部に位置し、小国を集めた国である。

世界を蝕む「黒の一帯の浸食」に脅かされ、危機に瀕している。

マザークリスタル「ドレイクブレス」からのエーテルを受けている。

火の召喚獣「フェニックス」のドミナントが国を統治する。

ザンブレク皇国

マザークリスタル「ドレイクヘッド」を持つ、世界最大の宗教国家。

国を治める者は神皇と呼ばれ、召喚獣は不明。

ウォールード王国

世界の東「灰の大陸」を支配する。オークなど亜人種との戦が絶えなかったが、現国王により平定された。

マザークリスタル「ドレイクスパイン」と強大な軍事力を持つ。

ダルメキア共和国

世界の南にあり、5つの州の代表者による評議会によって成り立つ。

マザークリスタル「ドレイクファング」を持ち、召喚獣は「タイタン」

鉄王国

世界の西、「風の大陸」を拠点としている。

マザークリスタル「ドレイクブレス」を有するが、それをめぐりロザリア公国と対立してきた。

独自の言語を操り、大陸との国交は殆どない。

ドミナントを忌まわしき存在と考えており、国内に生まれたドミナントは処刑される。

クリスタル自治領

世界の中心に位置し、世界最大のマザークリスタル「ドレイクテイル」を持つ。

ドレイクテイルによる膨大なエーテルを各国にあげるという条件で、戦争禁止となっている。

評議会には各国の代表者が名を連ね、ドミナントを所有していない。

登場人物

クライヴ・ロズフィールド

主人公。ロザリア公国の嫡男で15歳。フェニックスのドミナントとして覚醒できなかったが、

御前試合で勝利し、ナイトの称号を得た。ジョシュアの盾として認められ『フェニックス』の能力の一部を与えられる。

後に大きな悲劇に巻き込まれ、惨劇を引き起こした『謎の召喚獣』を追うことになる。

ジョシュア・ロズフィールド

クライヴの弟で10歳。『フェニックス』を宿すドミナントで、兄のクライヴを尊敬している。

病弱な自分よりも、兄であるクライヴがフェニックスを宿すべきだったと考えている。

彼もクライヴ同様、大きな悲劇に巻き込まれてしまう。ニンジンが苦手。

ジル・ワーリック

幼女。

というわけで現在わかっているFF16の情報をまとめてみました。

主要人物は全員幼いですね。主人公が15歳ってシリーズ中一番幼いのではないでしょうか?

Translate »