スポンサーリンク

【FF15】ルナフレーナ様について語る!

スポンサーリンク
みつる
みつる

今回はFF15の悲劇のヒロイン、ルナフレーナについて書きます

年上のヒロイン

愛称は「ルーナ」

CVは北川里奈

年齢24歳。

ニフルハイム帝国の属州であるテネブラエ王国の王族フルーレ家の現当主で、神と対話する「神凪の巫女」。

名前はラテン語で「月/夜」を意味する。

ノクティスより年上

彼女を「ルーナ」と愛称で呼ぶのはノクトだけである。

ノクトが幼少時に上手く口が回らなかったため、愛称で呼ぶようになったという。

政略結婚

ルシス王国とニフルハイム帝国の和平政策として、ノクトと結婚する予定だった。

しかし二人ともいやいや結婚するのではなく、二人とも前向き。

幼少期にノクトと過ごした時期があり、幼馴染とも言える。

神凪の役割

神凪の役割は、「星の病」から世界を守ること。

癒やしの力を持っており、世界中を巡って人々を癒やしている。

作中ではおっさんの頭を抱え込むようにして治療しており、非常にうらやましい体勢になっている。

身体が不自由?

回想シーンの中で、兄のレイヴスに自分の代わりにノクトへ指輪を渡して欲しいと頼む場面がある。

頼む理由として身体が思うように動かせなくなったと言っている。

みつる
みつる

シガイに侵されていたのかもしれませんね

管理人が好きなシーン

帝国兵に身柄を拘束されるシーン

向けられた銃を振り払い、「自分で歩けるわ」とでも言うように、平然と出口に向かっていく姿は凛として美しい。

というわけでルーナことルナフレーナについて書きました。

作中では出番が少なく、好きな女性ランキングで上位に上がってきませんが、私はかなり好きです笑。

Translate »