小説

スポンサーリンク
FFT

FFタクティクスのその後を妄想してみた⑨

「ムスタディオ、マラーク、無事だったか」 「まさかガフガリオンとつるんでいたとはな。」とムスタティオは笑い、 「あんたが死ぬなんて思ってなかったよ」とマラークは憎まれ口を言う。 二人とも元気そうだ。 「詳し...
FFT

FFタクティクスのその後を想像してみた⑧

再開を喜びたかったが、まずはティアマットを倒さなければいけない。 ティアマットはそこらのモンスターとは違い強敵だった。 高い賞金がかかっていることが納得できる。 「ムスタディオとマラークは援護を、ガフガリオン敵の...
FFT

FFタクティクスのその後を想像してみた⑦

洞窟に着くと既にティアマットに戦いを挑み、敗れた者たちが横たわっていた。 「ケガの手当てをしなくては」ラムザは負傷者に歩み寄った。 「無駄だよ、そいつらは既に死んでいるんだ。数時間経てばゾンビのように蘇るさ。」 ...
FFT

FFタクティクスのその後を妄想してみた⑥

ガフガリオンは慣れた手つきで受付を済ませていく 屈強な受付の男はガフガリオンと仲が良さそうだった。 「よお、ガフガリオンじゃねぇか。また稼ぎにきたのか。」 「アッシュ、報酬の高い仕事を紹介してくれ、今回は助っ人が...
FFT

FFタクティクスのその後を妄想してみた⑤

「今日はもう遅い、宿屋に泊まって朝になったら迎えに行く。」 そう言ってガフガリオンは酒場を出て行った。 とにかく今はガフガリオンを頼るほかない。 そう思い、会計を済ませた。 混乱していて気付かなかったが、ど...
FFT

FFタクティクスのその後を妄想してみた④

ラムザは身構えた 「おっと、早まっちゃいけねぇ。俺は金にならない殺しはしない事は知っているだろう?それに俺はもう死んだんだ。」 「どういうことだ?」 「俺だけじゃない、ここにいる全員死んでいるんだ。 イヴァ...
FFT

FFタクティクスのその後を妄想してみた③

死都ミュロンドに存在する人間はいないと思っていた。 しかし現に、村人たちはいる。 武器防具屋、宿屋、酒場、まるでイヴァリースの世界のようだ。 「まずは酒場へ行こう」 アルマたちの情報を得られるかもしれない。...
FFT

FFタクティクスその後を妄想してみた②

出口を探しながら色んなことを考えた。 アルマ、アグリアス、オルランドゥ、ムスタディオ、メリアドール、ラファ、マラーク。 みんな無事なのか。 どうやってイヴァリースの世界へ戻るのか。 獅子戦争の行方は。 ...
FFT

FFタクティクスのその後を妄想してみた①

「う、うーん」 「い、生きている?」 「あの爆発の中で生きているなんて奇跡だ。聖アジョラが守ってくれた?」 ラムザは周りを見渡してみた。どうやら死都ミュロンドのどこかに飛ばされたらしい。 「みんなは?」人の...
グッズ

【FF】ファイナルファンタジーの小説まとめ

Final Fantasy Novel Summary 今回は、ファイナルファンタジーの小説はどんなものがあるのかを調べてみました。 ファイナルファンタジー I・II・III Memory of Heroes ファイナ...
Translate »