スポンサーリンク

【FF】歴代のバハムートを比べてみました!

スポンサーリンク

I compared past Bahamut!

ファイナルファンタジーの召喚獣と言えばバハムート。今回は歴代のバハムートはどんな違いがあるのか調べてみました。

FF1

バハムートはなんと初代FFから登場していました。ただ召喚獣としてではなく、主人公たちをクラスチェンジさせる、仲間的なポジションでした。

FF3

召喚獣としてはFF3が初登場でした。主人公たちはバハムートの巣に連れていかれ、そこでバハムートと初戦闘となります。その後召喚獣としてバハムートを戦闘で使えるようになります。

FF4

FF4はスーパーファミコンになったので、バハムートのグラフィックがかなり変わりました。FF4でもバハムートと戦うことになり、倒せば召喚獣として仲間になります。

また、ラストダンジョンでは、ダークバハムートとなるものがいて、倒せば最強の武器ラグナロクが手に入ります。

FF5

なんと半島がバハムートという設定。4と同じく戦って勝つことで仲間になります。

スポンサーリンク

FF6

6は召喚獣を仲間にするというより、魔石の力で召喚するという設定。なのでバハムートとは戦わず、デスゲイズを倒したら、口の中からバハムートの魔石が手に入ります。

FF7

FF7ではなんと、3種類のバハムートがいます。通常のバハムートにバハムート改、バハムート零式です。零式に関しては、宇宙からバハムートがやってきます笑。地球「こ、こわれちゃうぅぅぅ」

FF8

FF8のバハムートも戦って手に入れることができます。会話の選択肢で、何も文字が書いていないところを選択すると戦闘に入ります。初見プレイ時は全く分かりませんでした。

FF9

FF9のアレキサンダーとバハムートの対決ムービーは必見です。プレイステーションとは思えないほどの迫力。

FF10

今までのシリーズとはかなりデザインが変わっている。まず飛んでいなく地面に立つ。そして仁王立ち。さらに、メガフレアの際には背中の風車が回転し、光線を発射する。風力発電かな?

FF12

召喚獣ではなく、要塞兵器という名のラストダンジョンとして登場する。

FF13

ファングの召喚獣として登場。通常時は人型、変形するとドラゴンの様な姿になる。

FF14

レイドダンジョンとして登場。私は一度だけクリアしたことがあるのですが、まあ大変でした。アク・モーンを耐えた後の感動の勝利が忘れられません。

FF15

ドラゴンの姿ではなく、鎧を身にまとった巨人の姿。今までのバハムートとは大分姿が違い、オーディンっぽい姿になっている。

というわけで、ファイナルファンタジーの代名詞とも言えるバハムートについて書いてみました。ほぼ皆勤賞の出演でした。

Translate »