スポンサーリンク

【FF】ファイナルファンタジーの小説まとめ

スポンサーリンク

Final Fantasy Novel Summary

今回は、ファイナルファンタジーの小説はどんなものがあるのかを調べてみました。

ファイナルファンタジー I・II・III Memory of Heroes 

ファイナルファンタジーシリーズのファミコン時代の3作品小説集。

1、2、3の世界観、そしてキャラクターを巻頭カラー8ページで紹介しています。

1と2は80ページ、3は120ページ程です。

Amazon.co.jp

ファイナルファンタジー2 夢魔の迷宮

ゲームのシナリオを担当した寺田憲史さんが執筆しています。

描き下しイラストは、キャラクターデザインをした天野喜孝が担当。

原作とは全く異なるシナリオを楽しむことができます。

Amazon.co.jp

ファイナルファンタジーIV 上 (GAME NOVELS)

原作のストーリに沿った内容となっています。

本編であまり触れられていなかったテラやギルバードについて

描かれているので、スーファミ版をプレイした人は楽しめるかも。

戦闘の描写があまり描かれていないので、アマゾンの評判はあまり良くありません。

Amazon.co.jp

On the Way to a Smile ファイナルファンタジーVII

「FINAL FANTASY7」から「ADVENT CHILDREN」に至るまでの2年間の物語。

FF7のシナリオを手がけた野島一成氏が執筆しています。

デンゼル編、ティファ編というように、キャラクター事の物語が描かれている。

小説にしてというよりは、文章を読む感じらしいですが、アマゾンの評判は良いです。

FINAL FANTASY X 2.5 永遠の代償

ユウナたちがシンを倒してから二年後の物語。

アマゾンでは酷評されています汗。

本編が評判が良かったので、小説にするとなかなか難しいのかもしれませんね。

Amazon.co.jp

ファイナルファンタジーXIII エピソード0 -約束-

本編が始まるその前のお話。

スノウとセラの物語、セラとライトニングの物語、ホープと母親の物語など、

登場人物を深堀した内容となっています。

アマゾンの評価は高いです。FF13をプレイした後に読んだ方が楽しめるみたいです。

Amazon.co.jp

というわけで、ファイナルファンタジーの小説について書いてみました。

このほかにも色んな小説があるので、気になるものがあれば読んでみて下さいね。

Translate »