スポンサーリンク

メビウスファイナルファンタジーはなぜサービス終了したのか?

2020年3月31日をもってメビウスファイナルファンタジーのサービスが終了します。

私はプレイしたことがないのですが、長い間プレイしたファンも多いみたいです。

今回はなぜこのゲームがサービス終了となったのかを調べたいと思います。

スポンサーリンク

ユーザーの不満

一番強いアルティメット系のジョブやカードのガチャ確率が低すぎ。

課金してまで欲しいと思うカードがなく、ガチャに魅力を感じない。

イベントで過去のFFシリーズのキャラが何度も使いまわされ、

マンネリ化してきた。

バトルは最初の方は楽しかったが、敵が強くなっていくとつまらなくなった。

第2部のシナリオがあまり面白くない。

スマホやタブレットでプレイすると動作がモタつく。PCだと軽快に動く。

開発リーダーの北瀬さんがFF7リメイクに異動になり、

生放送で開発陣の意気込が見えなくなった。

開発陣の意気込みが段々なくなってきたのが、ユーザー離れの原因だったのではないでしょうか。

サービス開始直後

開発陣のメビウスに対する熱意がヒシヒシと伝わってきて、

ニコ生やYoutubeで、新しい機能やジョブを紹介する番組を定期的に

放送するという力を入れようだった。

オリジナルストーリーとリンク

他のFFアプリとは違うのは、FFシリーズとのコラボイベントで

オリジナルを補完する形でストーリーが展開されていた事。

クラウド・セフィロス・スコール・ティーダ・ライトニングが登場し、

ストーリーが部分的にオリジナルとリンクする内容になっていた。

特に『X』のイベントは『FFX』と『FFX-2』の間をつなぐ物語があり、

オリジナルの内容を補完する物になっていた。

メビウスファイナルファンタジーとは

プロデューサー

北瀬佳範

ディレクター

鳥山求

シナリオ

野島一成

音楽

鈴木光人

サービス期間

2015年6月4日サービス開始 2020年3月31日サービス終了

スポンサーリンク

概要

「パラミティア」という惑星を舞台に、光の戦士達とカオスの軍勢の戦いを

描くという内容。ディシディアファイナルファンタジーの設定に近い。

アプリゲームとしては高いクオリティのグラフィックや、

北瀬さんや野島さんなど歴代ナンバリングFF作品に

携わった開発者を起用し、話題となった。

シナリオは野島さんが監修しているだけあって、

FFらしいストーリーとして評価は高いです。

ネガティブな意見しか書きませんでしたが、約5年間サービスが続いたので

それなりに盛り上がったゲームだったんじゃないでしょうか。

プレイヤーが減少していたとはいえ、

サービスの継続が困難なほどではなかったのだと思いますが、

スクエニは苦渋の決断を下した事になりました。

FFRKは大丈夫かな・・・

Translate »