スポンサーリンク

【スクエニ歴代社長シリーズ】和田洋一前社長について語る!

みつる
みつる

スクウェアとエニックスの合併の立役者、和田社長ってどんな人なんだろう?

スクウェアがファイナルファンタジーの映画で大失敗し、倒産寸前まで追いやられたのをエニックスとの合併により救ったのが和田社長。いったいどんな人物なのか調べてみました。

スポンサーリンク

人物

1984年4月野村證券入社
2000年4月スクウェア入社
2000年6月取締役兼CFO就任
2001年8月代表取締役COO就任
2001年12月代表取締役社長兼CEOに就任
2003年4月スクウェア・エニックスの代表取締役社長に就任
2008年10月スクウェア・エニックス・ホールディングス誕生
2013年3月130億円の赤字となった責任を取り、2013年6月に辞任
2014年9月シンラ・テクノロジー・ジャパンを立ち上げ、社長に就任
2016年1月資金調達の不調によりシンラ・テクノロジー・ジャパンは解散
2015年5月メタップスの社外取締役に就任
2016年4月藍綬褒章を受章
2016年8月ワンダープラネット社外取締役に就任
2016年11月メタップス取締役会長
2018年3月マイネットの社外取締役に就任

あだ名

FF14のプロデューサーレターライブに度々出演し、そのたびにハウジングの資料を持ってくることから、吉田直樹Pから「ハウジングおじさん」のあだ名をつけられる。

後に正式な肩書になり、スタッフロールでは「Mr. Housing」と流れる。

スクウェアの映画の失敗をフォローし、今日のスクエニを作ったのは和田前社長と言っても過言ではありません。

FFの映画についてはこちらで語っています。
Translate »