スポンサーリンク

初代ファイナルファンタジーをプレイしてみる!

みつる
みつる

FFのブログを書いている以上、初代をプレイしないわけにはいかないでしょ。

というわけで、スマホ版FF1を980円で買いました。30分ほどプレイしましたが、フリゲっぽくてちょっと微妙。これから楽しくなるんかしら。今回はFF1について書きます。

プロデューサー宮本雅史
ディレクター坂口博信
デザイナー田中弘道 河津秋敏
シナリオ寺田憲史 河津秋敏
プログラマーナーシャ・ジベリ
音楽植松伸夫
美術天野喜孝
売上本数日本 52万本 世界 84万本
発売日1987年12月18日
スポンサーリンク

FF1の概要

ストーリーはいたって明快。土・火・水・風の4つのクリスタルの輝きを遮る「4体のカオス」を倒して暗黒に包まれた世界を救うために4人の戦士が立ち上がった。

記念すべき最初のFFは坂口博信をはじめ、サガ神こと河津秋敏、聖剣伝説の石井浩一が必死の想いで作り上げたスクウェアRPGの原点。

作品名は「これが売れなかったら最後、会社がつぶれる」という意味でつけられた。

伝説のオープニング

普通のRPGはスタートと同時にオープニングシーンが流れるが、FF1は違う。いきなりフィールドに放り出され、王にガーランド討伐を命じられる。

そしてプレイヤーたちが、状況と目的が見えはじめたところで、あの伝説のオープニングシーンが流れるのである。

みつる
みつる

オープニングシーンの「めまいすらおぼえる」という表現が好き

戦闘システム

戦闘はターン制。上部に配置したキャラクターほど敵に狙われやすい。

魔法

魔法は買うシステム。

キャラクターが覚えられる魔法数の限度は、1つのレベルにつき3つまで。しかもFC版では一度覚えると消去できない。

他のFFシリーズと違い、魔法は単体と全体化で分けられている。アンデッドにダメージを与えるディア、味方全体を回復するヒールなど珍しい魔法がある。

FF1の珍しい魔法についてはコチラ

セーブ

町の宿屋に泊まるか、ワールドマップ上でテントを使用することによってセーブするシステム。スマホ版では移動中であればどこでもセーブが可能

ジョブ

ゲーム開始時に4人のキャラクターのジョブを選択。以降転職することはできない。物語の後半になると「クラスチェンジ」で上位のジョブになることが可能。

スマートフォン版

PSP版をベースに、タッチ操作でプレイで操作。

みつる
みつる

ちょっと移動がしづらいけど、操作性は問題なし

歴史あるFFの初代作ということで、プレイするのが楽しみです。もしプレイしていない方がいればぜひ。

Translate »