スポンサーリンク

ファイナルファンタジーはいつまで”ファイナル”なのか

みつる
みつる

ファイナルファンタジーはいつまで続くのだろうか?

あい
あい

まだまだ人気は衰えないよね~

ファイナルファンタジー1の開発秘話で有名なのが、「このソフトが最後になるかもしれない」という意味を含めて、”ファイナル”という題名をつけたことです。

しかし、最後になるどころかナンバリングを出すたびに進化し、現在は15ものナンバリングを発売しています。

今回は、この”最後の物語”がいつまで続くのかを考えてみました。

スポンサーリンク

最後までファイナルであってほしい

ルー大柴みたいな言い回しになっていますが、これから先もずっと「ファイナルファンタジー」という題名を続けて欲しいです。

仮に7年周期で新作ナンバリングがずっと発売されるとして、私の寿命を考えた場合、ファイナルファンタジー22までプレイできそうです。

でも80歳になってシステムを覚えられる気がしないので、プレイできるのは20くらいが限界かもしれません笑。

世界ギネス記録に認定

ファイナルファンタジーは「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」としての世界ギネス記録に認定されました。

認定記録は87タイトル。最後の物語は、まだまだ終わる気配はありません。

何をもってしてファイナルファンタジーなのか

ドラゴンクエストはわかりやすいです。同じ絵、同じシステム、同じストーリー構成。

「ドラクエはファミコン時代しか知らないよ」という人でも、最新作のドラクエ11を見たら

「ああ、今のドラクエはこんな感じなんだね」くらいのリアクションでしょう。

FF3までしか知らない人がFF15を見たらどうでしょう。

「いやいや、こんなのファイナルファンタジーじゃないよ」と言うかもしれません。

それくらいファイナルファンタジーは作品ごとに、進化し続けています。

ツイッターでこんなアンケートを取ってみた

多くの人がナンバリング全てをファイナルファンタジーとして捉えているようです。

ですが、中には「ドット絵までがFFだ」「坂口さんが関わっているものだけだ」という意見もあります。

今の若者に受け入れられるか

FF7が発売された時、私は中学生だったのですが、クラスの男子ほとんどがFF7を遊んでいました。

ではFF15が発売された当時の中学生は、みんなFF15をやっていたのでしょうか。おそらくプレイしていたのは少数でしょう。

ファイナルファンタジーで盛り上がっているのは、30代、40代の人達だけなのではと少し心配になってしまいます。

猛きものもついには滅びぬ

「どれだけ大きな力(平家)も、永遠に続くことはない」

平家物語の一句で、世の常を唄ったものです。

つまり、ファイナルファンタジーもいつかは終わりが来るということ。

それは私が死んだ後に来るかもしれませんし、FF16が最後になるかもしれません。

それでもファイナルファンタジーは続く

FF4~6までのSFC黄金時代や、FF7や8ほどの熱狂ぶりは今は感じられないのです。

それは年のせいなのか、FF自体の魅力が失われたのかはわかりません。

それでもファイナルファンタジーは続いてくと思っています。

なぜなら、海外のユーザーが今まさに熱狂の最中にいるからです。

  • ファイナルファンタジーの売上は海外の方が大きい
  • FF14は北米、欧州で人気
  • FF7リメイクが発表された時の海外の反応

これらを考えれば、ファイナルファンタジーの”最後”はまだまだ先だなと思うのでした。

みつる
みつる

おじいちゃんになってもFFプレイするぜ!

あい
あい

クリアできなそう…

Translate »