スポンサーリンク

【FF12】本当の主人公は誰だったのだろうか?

スポンサーリンク

FF12の主人公は誰かと問われたら、多くの人がヴァンと答えるだろう。

私もヴァンと答える。しかしそれは即答ではなく、少し考えてからそう答える。

果たしてヴァンはFF12の主人公として役割を果たしたのだろうか?

みつる
みつる

主人公の定義について考えてみました。

他の作品に出演している

ディシディアファイナルファンタジーには、FF12からヴァンが参戦している。

FFRKのパーティー画面の先頭はヴァン。

ヒロインから好意を持たれる

ヒロインはアーシェとなるだろう。しかしアーシェが好意を持ったのはバルフレアであると私は考えている。

ベストカップルの考察について記事はこちら

ライバルがいる

敵役はヴェインとなるだろう。しかしヴァンとヴェインの関係はあまり深くない。むしろ、アーシェやバッシュとの因縁が強い気がする。

歴代の主人公を並べてみる

  • FF4 セシル
  • FF5 バッツ
  • FF6 ティナ
  • FF7 クラウド
  • FF8 スコール
  • FF9 ジタン
  • FF10 ティーダ
  • FF12 ヴァン
  • FF13 ライトニング
  • FF15 ノクティス

私がプレイしたナンバリングタイトルの主人公を書いてみたが、FF6も一瞬誰だろうと手が止まった。ロック、セリスも当てはまるのではないかと少し考えた。

しかし、エンディングでティナが結んでいた髪をほどき、風にたなびくシーンがある。やはりFF6の主人公はティナである。

みつる
みつる

一つ分かったのはサブキャラが濃いナンバリングは、主人公の影が薄くなってしまうということである。

FF12を見てみよう。セリフで自分が主人公だとさえ言い切ってしまうバルフレア。ヴェインに立ち向かう一国の王女であるアーシェ。戦争に巻き込まれながらも、空族に憧れるヴァン。

やはり少し主人公としては弱いのではないか。

スポンサーリンク

結論

FF12の主人公は紛れもなくヴァンである。

しかし、周りのキャラクターの存在感大き過ぎて、影が薄くなっている。それはヴァンのせいではなく、FF12のサブキャラクターが魅力的だからであると私は考えている。

Translate »