スポンサーリンク

【FF】スクウェアとエニックスの合併について考える

スポンサーリンク

もしかしたら知らない人がいるかもしれませんが

スクエニは二つの会社が合併した会社なんです!

どーん。まあ知ってますよね〜。10年後とかはわかりませんが。

当時、合併のニュースを見た僕は、「あのライバル同士のスクウェアとエニックスが合併するなんて一大事だ!」とビックリしました。

どのような経緯で業界トップ同士の合併が実現したのでしょうか?

エニックスの売上が安定していなかった

エニックスの代名詞であるドラゴンクエストは300万本以上売上する超ビッグタイトルですが、発売まで3~4年ほど時間がかかっていました。

エニックスはドラゴンクエスト以外のビッグタイトルがなかったので、ドラクエ発売日の年と、それ以外の年では売上が大きく違っていたのです。

エニックスの出版部門が縮小した

エニックスは少年ガンガンをはじめとしたコミック誌をいくつも発行していました。しかし、編集部と編集者の中でのいざこざがあり、多数の編集者がエニックスを退社。エニックスの出版部門が大きく縮小したのです。

スクウェアは映画で失敗

スクウェアはエニックスとは違い、サガや聖剣伝説などの有力タイトルがあり、安定した経営ができていました。

しかし、映画ファイナルファンタジーで大失敗をしてしまいました。内容的には世界初のフルCG映画で画期的でしたが、興行成績はよくありませんでした。

最終的な赤字は約60億円にのぼり、ギネスブックに掲載されるほどの赤字を出してしまいました。

デジキューブの倒産

デジキューブはスクウェアが設立した会社で、コンビニでゲーム販売を行うという目的でした。

しかしこれも失敗しました。ネット通販の普及により、コンビニでゲームを買う需要がなくなってしまったのです。

これらの経緯があり、ゲーム界きっての大合併が行われました!

スクウェアとエニックスは相いれない!?

合併したのは良いのですが、ドラゴンクエスト9とファイナルファンタジー13を半年も経たずに発売していたり、いまだにドラクエはドラクエ、FFはFFで開発しているような節があります。

いまでは、スマホゲームでコラボしたりしていますが、昔、ゲーム業界の最前線で戦っていた両社の溝はなかなか深いのではないのかなと思いました。

Translate »