スポンサーリンク

【FF8】リノア=アルティミシア説を考える【考察】

みつる
みつる

リノアとアルティミシアって同一人物なの?

スコール死亡説について記事を書いた時、リノア=アルティミシア説がある事を知りました。

スコール死亡説については コチラ

スコール死亡説については否定しましたが、リノア=アルティミシア説については根拠が多く、もしかしてそうかもと思いました。今回はリノア=アルティミシア説について書きます。

記事内容
  • リノア=アルティミシア説の根拠
  • 筆者の考察
スポンサーリンク

根拠①グリーヴァの名前をアルティミシアが知っている

グリーヴァはスコールのペンダントの名前なのですが、スコールとリノアしか知らない設定

根拠②EDでリノアの顔とアルティミシアの顔が重なる場面がある

エンディングでスコールがリノアの顔を思い出すシーンで、リノアの顔がぼやけたまま回想するのだが、その一瞬アルティミシアの顔が重なる。

根拠③リノアのセリフに『自分が魔女になったときは、スコールに殺して欲しい』という様な言い回しがある

リノアはスコールに自分を殺してもらうために時間圧縮を行った。

根拠④OPにおいて最初は白い羽のリノアだが、最後は黒い羽の中から出てくる

アルティミシアは黒い羽根をしている。

根拠⑤魔女は力の継承を行うまで死ぬことができない」

リノアが未来の魔女になっていてもおかしくはない。

根拠⑥リノアとアルティミシアの顔が似ている

アルティミシア第4形態は2人の女性が上下逆さまになっているように見える。一方はアルティミシアでもう一方はリノア

根拠⑦はじまりの部屋

リノアがスコールに対して恋心を抱いた時にいた部屋。これが時間圧縮が始まって最初に訪れた「はじまりの部屋」と造りが同じ。

以上がネットで見つけたリノア=アルティミシアの根拠7つです。

スポンサーリンク

私の考察

スコール死亡説でも書きましたが、FF8のエンディングはHAPPY ENDです。スコールが最後に出てきて、生きてて良かった、大円団!です。後味が悪い物語と考えたくありません。というわけでこう考える事にしました。

魔女の力を引き継ぐ時、記憶も引き継ぐ

みつる
みつる

7つの根拠に対してつじつまが合うか確認してみましょう。

根拠①リノアは一時的に魔女になったので、リノアの記憶も一部あってもおかしくありません。だからアルティミシアはグリーヴァのことも知っている。

根拠②EDでリノアとアルティミシアの顔が重なるシーンは、スコールの心の片隅にリノア=アルティミシアという考えがあったため。

根拠③リノアの記憶がアルティミシアに残っていたため、スコールに殺してもらうために時間圧縮を行った。

根拠④OPで黒い羽根からリノアが出てきたのは、魔女の呪縛から解放されたため。

根拠⑤アルティミシアの魔女の力はEDでイデアに継承される

根拠⑥全員似ている。

根拠⑦「はじまりの部屋」はイデアと初めて邂逅した部屋

結論

リノアとアルティミシアは別人という結論に達しました。

しかし、この議論はまだまだ、続いているようです。リマスターが発売された今、再び自分なりに考察してみるのも良いですね!

みつる
みつる

再びFF8をプレイするのであれば、アルティマニアがあると攻略が楽ですし、設定資料も読めてオススメです。

Translate »