スポンサーリンク

【FF7】セフィロスコピーとは何だったのか?【リユニオン】

スポンサーリンク

What is Sephiroth Copy?

当時FF7をプレイしていた私は、クラウドがセフィロスコピーの一人だった事に衝撃を受けました。

みつる
みつる

宝条が考案したセフィロスコピー計画とは何だったのでしょうか?

調べてみました。

セフィロスコピー計画とは、神羅カンパニーの宝条が「ジェノバに分割された細胞がいずれ集結する能力がある」と仮説し、それを検証するための計画です。

セフィロスコピー

セフィロスコピーは神羅カンパニーの宝条によりジェノバ細胞を移植された人間。

対象となった人間は5年前のニブルヘイムの事件の被害者の中で意識があった者。

実験内容

ジェノバ細胞に耐える適性のない者にジェノバ細胞を埋め込む。

あえてソルジャーと違い、適性の無い者にジェノバ細胞を移植しそのままジェノバに精神をのっとられ自我を失い、そのコピー達がどこへ行くか観察する。

そして彼らが1つに集まる場所を探す。(リユニオン)

仮定

宝条は、神羅カンパニーのビルの中に首を除くジェノバの胴体を保管していたが、仮定では、新羅ビルに黒マントの男達が集まると思っていた。

コピーの実験を受けたクラウドとザックス

ニブルヘイムの事件に巻き込まれたクラウド、ザックスもセフィロスコピーの実験を受けることになる。

実験に成功すると、ナンバリングされた入れ墨がほどこされますが、

〇ザックスはソルジャーなのでジェノバ細胞に耐えられ、無害。

×クラウドはソルジャーになれなかったので、適性がない。よって精神を蝕まれ精神が崩壊。

この2人に関しては、失敗作としてナンバリングを与えられませんでした。

スポンサーリンク

宝条の誤算

  • リユニオンは、ジェノバの胴体に集まること。
  • セフィロスコピーがセフィロスに操られてしまったこと。
  • 失敗作だと思っていたクラウドが一番の成功作だったこと。

本当のクラウドはどんな人?

ジェノバ細胞を移植されたことにより精神が崩壊し、様々な記憶が混同してしまいます。

ザックスやセフィロスと訪れたニブルヘイムの本当の記憶を忘れ、自分のことをソルジャーと言うが、実はなれなかった。

ジェノバ細胞を移植する前の人物像

ニブルヘイムでは人見知りなので友人はいませんでした。

「俺は皆バカだと思っていた。 いつもどうでもいいことでケラケラ笑ってて子供ぽかった」

「わかってる。バカだったのは俺なんだ。本当はみんなと一緒に遊びたいのにどうしても仲間に入れてといえなかった。」

「そのうちさ・・・俺はみんなと違うんだ。
あんな子供っぽいやつらとは違うんだって思うようになった。
どうしようもなくひねくれていて弱かった」

ソルジャーへなろうとした想い

ティファの母が亡くなった時に、ショックでニブル山に登山するのですが、吊り橋が落ちてしまいます。

後ろからこっそりついてきたクラウドは助けることが出来ず、一緒に落ちてしまいます。ティファは意識不明。

クラウドはティファを助けられなかった自分の弱さに腹が立ち、ティファを給水塔に呼び、ソルジャーになると宣言しました。

少し脱線してしまいましたが、セフィロスコピー計画、その内容は恐ろしいものでした。その分、ストーリーを面白く引き立てていますね。

みつる
みつる

FF7リメイクでは、セフィロスコーピー計画はどのように語られるのでしょうか?楽しみです!

Translate »