スポンサーリンク

【伝説のプログラマー】ナーシャ・ジベリについて語る!

スポンサーリンク
みつる
みつる

ナーシャ・ジベリって誰やねん

ナーシャ・ジベリは伝説のプログラマーで、ファイナルファンタジーの初期作品の制作に深くかかわっていました。

今回はナーシャ・ジベリについて書きます!

略歴

イランの王族であったが、渡米してプログラミングを学ぶ。

アメリカのゲーム会社を退社後、世界中を放浪していたが、ナーシャのゲームのファンであった坂口博信の誘いによりスクウェアに入社。

『ハイウェイスター』『とびだせ大作戦』といったソフトを開発した後、『ファイナルファンタジー』に参加。

『FFIII』までを手がけ、最後に担当したのが『聖剣伝説2』だった。その後再び世界放浪の旅に出る。

逸話

『FFI』開発の時、石井浩一(FF開発者)は「飛空船に影をつけて浮いているように見せたい」と坂口博信に提案したが、「そんなの無理だ」と反対された。

しかし、石井が後日ナーシャに相談したところ、その翌日には飛空船に影がついている上に4倍速移動を実現させた。

『FFIII』の開発の時、重大なバグが発生し、ナーシャに指示を仰いだところ、修正するべき部分のプログラムコードを電話で教えてくれたという。

ナーシャはプログラムリストをすべて暗記しているという噂もある。

遊び心

『ファイナルファンタジー』の隠しゲーム、15パズルはナーシャが勝手に作ったプログラムらしい。

『ファイナルファンタジーIII』のゲーム起動時に、特定のコマンドを入力すると、隠しメッセージ「BY NASIR」と現われる。

担当作品

とびだせ大作戦 (1987, ファミリーコンピュータ ディスクシステム)

ハイウェイスター (1987, FC)

JJ (1987, FC)

ファイナルファンタジー (1987, FC)

ファイナルファンタジーII (1988, FC)

ファイナルファンタジーIII (1990, FC)

聖剣伝説2 (1993, SFC)

というわけで伝説のプログラマー、ナーシャ・ジベリについて書きました。

この人がいなければ、今のファイナルファンタジーはなかったかもしれませんね!

Translate »