スポンサーリンク

【FF2】皇帝の断末魔について考察【ウボァー】

FF2のラスボスである皇帝。

彼を撃破した時に聞けるウボァーという断末魔ですが、一体何と言いたかったのか考察します。

スポンサーリンク

考察①血反吐を吐いた

本当は「うぐぁ!」と言いたかったのに、「う」の時点で口から大量の血が出てしまい、「ボァ!」となってしまった。

考察②当時、意味不明な擬音が流行ってた

代表的なのは北斗の拳の「ひでぶ」。

他にもジョジョの「Uryyyy」など、意味不明な効果音が当時、流行っていた。

その影響で開発陣もノリでウボァになった。

ちなみに「ひでぶ」は「痛てえ」と言ってる最中に体が破裂したから「ひでぶ」になった、らしい。

考察③FC版はビックリマークがない

「ウボァー!」なら、まだ断末魔っぽいのに、「ウボァー」なので間抜けに聞こえる。

断末魔ではなく、なにか言葉を言いたかったのかもしれない

考察④うそだー

自分の死が認められず、嘆くような感じで「うそだー」と言いたかった。

考察⑤河津神は語る

「当時、ボスのセリフは短くするのがノリとして定着しつつあった」とのこと。

バトル前のセリフはとりあえず全部「死ね!」、バトル後は意味不明な断末魔。

サガ2GODの公式ガイドブックにある対談にて、河津神が語った。

歴代のウボァー

FC版

元祖ウボァー

PS版

表示は1行になった

GBA版

!がついた

みつる
みつる

ウボァー

あい
あい

ゼッタイおかしい

Translate »