スポンサーリンク

ファイナルファンタジーの海外版を集めてみた!

スポンサーリンク

最近のファイナルファンタジーは全世界同時発売が当たり前となっていますが、昔は海外版なるものが存在し、内容も若干、異なっていました。

今回はファイナルファンタジーの海外版について書きます。

国内と海外でナンバリングがずれている

海外版FF1→国内版FF1

海外版FF2→国内版FF4

海外版FF3→国内版FF6

初期の頃のFFは全て海外で発売されていなかったので、国内と海外でナンバリングがずれていました。

なので、外国の人が「FF3最高だよね」と言ってたら、それはFF6のことかもしれません。

キャラクター名の違い

一部のキャラは日本版と海外版とで違う名前に変更されています。

FF2フリオニール⇔Firion

FF5バッツ⇔Bartz

FF6ティナ⇔Terra

魔法名の違い

ラ系やガ系魔法は、cure2やcure3というように数字で表されています。

FF海外版の特徴

FF1

モンスターの名前が変わっていたりする。

PS版は1と2を一枚のディスクにまとめて、「FINAL FANTASY ORIGINS」として発売された。

https://www.amazon.co.jp/

FF2

FC版は国内でしか発売されていない。

FF3

FF2と同じく海外では未発売。

FF4

北米スーファミ版は「FINAL FANTASY II」として発売されていた。

北米PS版「FINAL FANTASY CHRONICLES」で正しいナンバリングで発売。

何故かクロノトリガーとカップリングだった。

FF5

スーファミ版では未発売。

FF6

海外では「FINAL FANTASY III」として発売。

きわどい衣装の女性モンスターは、露出が減るようにグラフィックが修正されている。

FF7

日本版から追加調整が入り、その結果、日本に逆輸入された。

それが「FF7インターナショナル」。これをきっかけにインターナショナル版が日本でも発売されるようになった。

新要素が多いので、一度をクリアした人でも楽しめる。

特に、ルビーウェポンやエメラルドウェポンなどの裏ボスと戦えることが魅力。

通常版のセーブデータを引き継ぐ事が可能。

FF12

海外版はパンネロの拉致監禁シーン収録

国内版ではレーティングの問題から削除

FF15

日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、メキシカンスペイン語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、韓国語、中国語の12言語対応。

さらに全世界同時発売が実施される。

まとめ

初期の頃のファイナルファンタジーは、ナンバリングや名称など、国内版と海外版で若干異なっています。

現在では全世界共通となり、海外の人達はどのナンバリングもプレイすることができます。

みつる
みつる

Final Fantasy is happy !

あい
あい

I speak little English…

Translate »